Q&A

トップページ > お知らせ > 高齢フォーラム29の開催

高齢フォーラム29の開催

一人でも生きられる「高齢者フォーラム29」を開催しました。

 

日時 平成29年11月9日(木) 午後1時~3時20分

場所 クリエート浜松 4F特別会議室

対象 家族的支援の得難い、独居または夫婦世帯の高齢者 定員50人

テーマ 認知症になっても困らない。

講師と演題
 1 鈴木恵理子  浜松市高齢福祉課 保健師
    「予め知っておきたい認知症の症状とその予防法」
 2 山崎道生   きずなの会浜松事務所長
    「高齢者入居施設の種類と利用料 …認知症を中心に」
 3 河野 正   名城法律事務所 弁護士
    「認知症の人の金銭管理は誰がするの?  分り易い成年後見人制度について」

 

定員を超える申込みでしたので定員枠を増やし、厳正に抽選した結果66人に参加通知を
出させていただきました。キャンセルもありましたが、申し込みをせず、当日直接に会場に
来た方を断れず、結局67人の方が参加するという盛況ぶりでした。
テレビ局と新聞の取材もありましたが、皆さん集中して話を聞き漏らすまいと、
メモをしながら熱心に聞き入っていました。質問も出て活発な場になりました。
「きずなの会は高齢者にとってとても良い事してくれる。」「とても役に立った。
もっと大きな場所で、多くの人に聞かせてやってくれ」「有り難かったよ」
「きずなの会の説明会にぜひ参加させて」と帰り際言葉を掛けてくれました。
今年のフォーラムも好評をいただき次年度も早速企画を開始しょうと思います。

 

IMG_6958IMG_6962
石川静岡事務所長が司会を担当                山崎所長の挨拶と趣旨説明
資料確認の段階でフォーラムの雰囲気を高めました。    いきなり笑いを誘い、リラックスさせました

 

IMG_6965
テレビ静岡が取材がありました。 20時55分のニュースのトップで報道
静岡新聞も翌日の朝刊、西部広域版で写真入り報道

 

IMG_6973
随所に笑いを取りながら、絶妙な語り口でした。聴衆と講師が一体化しました。

 


IMG_6989
施設についてオリジナルに作成した図で説明、皆さんの集中ぶりは驚きです。
画面を見ながらもユーモアと軽妙な語りに時間を忘れました。


 

IMG_7005
 難しい内容を分かりやすくするため工夫しました。
 クイズ形式の答えで、つい我先に手を挙げてしまいました。


IMG_7023
質問の時間を待っていたかのように一度に二つの質問をしました。

 

IMG_7017IMG_7028
質節関する質問への回答をする山崎所長               認知症のサポートに対する質問に答える鈴木保健師
 

                                              以 上

 

 

このページの先頭へ